2016年12月14日

社会福祉法人の保育園で保育士として働くメリット

保育士が社会福祉法人の保育園で働くメリット



運営側の事情をわかったところで、そこで働く保育士さんたちに一体どんなメリットがあるのか見ていきましょう。
free-illust44.jpg
求人情報にある「社会福祉法人の保育園は安心ですよ!」という最大の理由もここにあります。

主なメリットは

・保育園経営の歴史が長く基盤ができている
・ベテランの職員がいる
・大規模になればなるほど福利厚生がしっかりしている
・法人ごとに特徴がある
・地域との連携も充実している
・ほとんど経営困難のリスクがない


といったところです。
社会福祉法人というのは、簡単になれるわけではありません。

しっかりとした基盤を築いてその上で運営が始まるのです。
そのため、歴史の古い保育園が多く、地域からも「自分の通った保育園」といった位置づけをなされているんですね。

そのため、地域活動にも参加しやすいですし、ある程度の信頼関係もありますので、騒音などといった苦情にも対応できることが多いのです。
また、歴史が長いということから、保育の経験が多く、こういった時にはどんな保育をすればいいのか?といったノウハウにも長けています。

困ったことは職員が一丸となって解決もしていけますので、新人保育士でも安心して働ける環境ですね。

更に、社会福祉法人の保育園が「安心だ!」とされる最大の理由はこの経営困難に陥りにくいということです。
地域からの信頼もあり、園児も安定していて、更に補助金などの制度で給料の未払いなどは起こりにくいのが特徴です。

こういった景気に左右されないというのも、社会福祉法人ならではの環境です。

保育士が社会福祉法人の保育園で働くデメリット



では今度はデメリットを見ていきましょう!

・社会福祉法人への指導監査がある
・営利目的ではないので、設備投資がされにくい
・家族経営が多く、人間関係が複雑
・慣例を重視し、新しいことにチャレンジしにくい


といったところです。
歴史ある保育園ではありますが、そこまで補助金があるとも言えません。

そこで、削るべきは設備投資です。
古い園舎であるという保育園も少なくないですよね。

また遊具なども、昔からあるものを使っていることが多く、点検などが必要なものも多いのです。
そして園長先生や理事長は家族で構成されていることが多く、スキルアップなどを望めないということもあります。

社会福祉法人の保育士として何十年も勤めても主任保育士になれないというのは良くある話です。

また、今までの積み重ねてきたものに絶対の自信を持っていますから、新しいことに取り組むには及び腰であることが多いのです。
そう考えてみると、新しい風が吹きにくい、という特徴ですね。

ちなみに、社会福祉法人の保育園では、保育士以外も栄養士・看護師などの募集もあります。
参考:看護師☆求人ひろば

社福か株式、保育士にとって良い保育園は?



いかがでしたか?
社会福祉法人が運営している保育園と言うのは、本当に安定しています。

景気に左右されることなく、月給や賞与を毎回当たり前のように頂ける職場です。
しかし、その安定がある分、あなたの自由な保育やスキルアップは難しいという側面があるんですね。

どちらがあなたにとって一番向いているか?
自分が働きたい職場はどっちの特徴がおおいのか?を考えながら、じっくりと保育園選びをして求人を見ていきましょう!


posted by bbdkp at 15:32| Comment(0) | 保育士 社会福祉法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

社会福祉法人が運営する保育園ってどう違う?【保育士の転職】

保育士の求人情報を見てみると、「社会福祉法人が運営しているから安心ですよ!」という言葉を目にしたこと、ありませんか?
同じ保育園なのに、運営主体が社会福祉法人になると何がそんなに安心なのか?

今回は、運営主体が違うと何が違うのか?詳しくご紹介したいと思います。
2072-450x337.jpg

社会福祉法人って何か特別なの?

まず、保育園の運営主体として良く見るのは

・社会福祉法人
・株式会社


といったところではないでしょうか?
保育事業と言うのはニーズの高まりにより、新規参入の会社がとても増えています。

そこで、社会福祉法人になると、株式会社とは違った側面があるということなんです。

法人の事業目的やシステムが違う

まず、事業目的ですが、株式会社は「自由」です。
これに対し、社会福祉法人では「社会福祉事業」となりますので、公益事業なども可能になるのです。

そして保育園の設立に必要な役員は株式会社は1人いれば設立できるのに対し、理事6人以上、幹事2人以上、評議員理事の2倍の人数が必要になるのです。
保育園の資金は株式会社は株式になるのに対し、寄付金や補助金で賄われるんです。

更に、収益費は株式会社ですと、株主に分配されますが、社会福祉法人の場合は帰属するものが決まっているといったこともあります。

そして、運営にかかる税金ですが、法人税をはじめほとんどの税金が社会福祉法人は必要ありません。
しかし株式会社になるとそうもいかないのですね。

大きな違いが「補助金」があること

社会福祉法人は補助金などがあるのに対し、株式会社はそういった対象にならないのです。
つまり、運営が黒字を出し続けないと、存続していくのに難しいのは株式会社運営の保育園ということになります。

社会福祉法人の場合、非営利目的でしたか運営できないため補助金が多く、株式会社にとっては参入したいけど、リスクを考えるとなかなか難しいといった実情があるんです。

まとめ

いかがでしたか?

株式会社の運営と比べて、比較的安定している、という印象を受けた方が多いと思います。

次回は、保育士さんにとって社会福祉法人で働くことはどんなメリットがあるのか?ということをご紹介します。
posted by bbdkp at 19:00| Comment(0) | 保育士 社会福祉法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。