2016年08月12日

証明写真の仕上げ!綺麗に履歴書にはるには

前回、前々回と、好印象の証明写真をとるための方法をご紹介してきました。

今日は最後の仕上げとして、「履歴書に証明写真をはる」という作業についてご説明します。

「そんなの簡単!のりではるだけでしょ」という保育士さんこそ、注意しておいてほしいところです。
私の過去の失敗をもとに、注意するべきポイントをまとめました。
TC160130040I9A6542_TP_V.jpg


履歴書に写真を貼付するときに気をつけるポイント

証明写真用の写真が出来上がったら、実際に履歴書に貼りましょう。

ここで実際に履歴書を作成した経験から、ひとつだけお伝えしたいポイントがあります。それは、証明写真を貼付するのは、履歴書をすべて書き終えてからにするといいでしょう。

なぜなら、どれだけ気をつけていても、書き間違えてしまう可能性があるからです。

まだ書き終える前に写真を貼付すると、書き間違えたときにすでに貼付した写真ごと捨てることになり、もったいないです。

したがって、履歴書を書き終え、最初から最後まで見直して、誤字脱字がないことをしっかりと確認してから、証明写真を貼付するようにしましょう。


貼り付けるときにのりをつかう?

もちろん、写真の貼付方法にも気をつけたいところです。貼付するためには、「のり」をつかう方がいます。

とくにスティックのりをつかうと、写真となる紙の素材が固くてしっかりしていることから、うまく貼りつかずにはがれてしまうことがあります。

しっかりと貼付するためにオススメなのが、両面テープです。履歴書と写真で紙の質が異なっていても、両面テープはしっかりと貼りつき、一度も写真がはがれたことはありません。

面接先の保育園に着いて、履歴書を確認したときに「あれ?履歴書の写真がなくなっている…?」といった思わぬピンチに陥らないように気をつけましょう。


面接で起こった珍事件

一人暮らしをしていると、両面テープやのりを切らしているということもあると思います。

とある面接で、「ごはんつぶ」をつかって写真をはりつけている保育士さんがいました。

たしかに昔はごはんをつぶしてのり代わりにしていたけど・・・履歴書がぼこぼこしてしまうので、ちょっと見栄えが悪いですよね。

一手間を惜しんででも、両面テープを買いにいきましょう。
また最近は、テープタイプののりも販売されています。普段からこのような文房具をそろえておくと、いざというときに便利です。


posted by bbdkp at 00:00| Comment(0) | 保育士 証明写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。